さくら さくら

梅に比べて咲く時期が短い桜は、その分見せ場を2つ持っています。
先週までは 薄ピンクの花で枝がしなり神々しいほどの満開でしたが、次の演出は優雅に散る花吹雪… なかなかです。

「ひさかたの 光のどけき春の日に しず心なく 花ぞ散るらむ」 紀友則

こんなにのどかな春の日に 桜よ なぜそんなに散り急ぐの?もっとゆったりと楽しみたいのに…
平安時代の人達も 同じ思いだったようです。

さくら坂

六郷用水

関連記事

PAGE TOP